Miniatures Manufacture & Collection Exhibition - 20182015 -


フィギュア・ミニチュア作製始めてみました。 20182015 2014〜2013年の製作 2012年の製作記

BY.ヒロ・キタハラ (ウィッチキル) ABOUT Twitter 過去絵ログ

2018.09.middle
9月16日(日)にイエローサブマリン大阪日本橋店で、オリジナルアナログゲームの自由発表・体験会があるみたいなので行ってこようと思います。ウォッチキル・バトルゲームも一応持ち込んでみるので、気になる方は是非!15時過ぎまでいる予定ですっ(/'ω')/

→通販ページはこちら

せっかくなので、手元に有る残りの材料を全部製品に加工しました。友人に渡す分と自分分の保存用がやっと出来ました。次の再販ではウィッチとマップのデザインと、マーカーのサイズを変えようと思うので、いわゆる初版分はこれで最後という事に。将来貴重品になってプレミアが付きますように!笑


そして久々の40k練習絵。当分はこんな感じでガシガシ描いていきたいのです。

 

2018.09.early
ひがっちゲームズさんでオリジナルアナログゲームウィッチキル・バトルゲームの通販が始まりました

それと今日はゆちさんと、京都からお越しのシャチホコバリーさんにウィッチキル・バトルゲームのレポートプレイをお願いしました。ゆちさんは以前テストプレイをやってもらったので、すぐにゲームを始められるのですが、シャチホコバリーさんは初めてなので、先ずは私とレクチャープレイを1戦。あっという間にルールを把握されたので、早速ゆちさんと対戦をしていただきました!


先ずは、ゆちさんが黒ウィッチ、シャチホコバリーさんが白ウィッチでゲームを開始。ゆちさん(黒ウィッチ)が早々と白3の目標マーカーを確保してリードを奪うものの、反対側の黒3の目標マーカーはシャチホコバリーさん(白ウィッチ)の方が近いので、巻き返しもまだ十分狙えます。


しかし、シャチホコバリーさん(白ウィッチ)は目標マーカーを直接狙わず、ゆちさん(黒ウィッチ)に薙ぎ払い攻撃を仕掛けてから目標マーカーを獲りに行く作戦に出ました。ところが、ゆちさん(黒ウィッチ)も同じ薙ぎ払い攻撃を繰り出していたので、二人とも相打ちになって、シャチホコバリーさん(白ウィッチ)は目標マーカーからさらに遠くに吹き飛ばされる事に!


その後、新たに出現した目標マーカーも、ゆちさん(黒ウィッチ)が緑フェイズでダメージを負いつつも、赤フェイズでしっかり確保するなど、ゆちさん(黒ウィッチ)の優勢が続きます!


そして、お互い黒と白の陣営が入れ替わった最終ゲーム!最後の目標マーカーを前に、偶然にも両者のウィッチが同じマスに並びます!果たして最終ラウンドを制するのはどっちだ!?


最終ラウンドを制したのは、シャチホコバリーさん(黒ウィッチ)でした!ゆちさん(白ウィッチ)を吹き飛ばし、さらに魔法弾で追い打ちをかけ、目標マーカーも確保するという、見事な3段コンボを決めました!!ゆちさんが2つ目の命令マーカーを置いた瞬間、待ってましたと言わんばかりに2つ目の命令マーカーをすぐに置いたシャチホコバリーさんの、初めてとは思えない凄腕プレイっぷりが唸ります!いやぁ面白かったです!とっても白熱した対戦を見せてくれて、お二人ともありがとうございました!

レポートプレイの後は、シャチホコバリーさんのネクロンと1500pit戦をしました。

40kを初めて僅か半年というシャチホコバリーさん、しかしそうとは思えない手馴れた手つきでユニットを動かしていくので、初めは年季の入ったプレイヤーだと思ってました。しかし今日はシャチホコバリーさんのダイス目がなかなか振るわないようで、りロール指令を使っても再び1を出すファンブルを連発するなど、ダイス目のあまりの悪さにユニット運用が思うようにいってない感じでした汗。やはり1の目がドクロのダイスはダメだ…次はダイスを変えて改めてプレイしましょう!笑


そしてひがっちゲームズ名物『せなすけ缶バッチ』もゲット!とっても可愛くて味わい深いイラストですよね、5個中なんと2個シークレット当たりです!やったね!☆

 

2018.08.late
ひがっちゲームズさんにオリジナルアナログゲームの『ウィッチキル・バトルゲーム』を納品しました。ハンドメイドの都合で10セットのみの納品となり、次の再生産は冬コミになりますっ

→通販ページはこちら

さらに今日は関東からお越しのフランス人アナログゲーマー Guigui さんのブラッドエンジェルと1500pit戦をしました。

シスター戦は初めてというGuiguiさん、序盤はこちらがワカラン殺しを押し付けてリードを奪ったものの、中盤からの縦深攻撃で一気に巻き返されて激アツ大接戦に!次々撃破されるカノネス、レトリピューター、ペニテントエンジン、そして聖セレスティン(復活成功)!!しかしこちらが1ポイントリードしたところで時間切れに!ギリギリなんとか勝ちを拾いましたが、最後までやってたらどうなってた事か…とっても熱い対戦ありがとうございました!


「いや〜半年以上ぶりの40kですよ〜」とか言いつつ、ちゃっかりインファントリー絶対殺スなガチ編成だったり汗。ヘヴィフレイマー4人×2ユニットとか、こんな編成ができるのは帝国広しといえど、シスター・オブ・バトルだけ!(だよね?)。現行のルールも思ってたほど極端に変わっていない印象だったので、今後もすんなり対戦できそうですっ

あと今週GWからLOTRストラテジーバトルの新製品がリリースされてビックリ!!それもまさか2018年に新スターターが出るとは…

そんなワケで思わず押入れ在庫を引っ張り出してみたり。ウォーハンマーを知ったばかりの当時はLOTRにお熱だったので、そっち方面のメタルばかり集めてました。そして未開封の物はワイの手元にある限り開封されることはないでしょう笑

 

2018.08.middle
ウィッチキル・バトルゲームってどんなゲーム?こんなゲームです。


…と、こんな感じのゲームです。やや大げさですが『機動戦士ガ○ダム vs.シリーズ』のアナログ版みたいなものと思ってもらうと、イメージしやすいのではないでしょうか?実際やってみると、ルールは文面の印象よりもずっと簡単ですんなり遊べると思います。

現在「ひがっちゲームズ」さんにサンプルゲームを置かせてもらってるので、興味を持たれた方は是非遊んでみてくださいっ

 

2018.08.middle
冬コミC95のサークル参加申し込みをしました。


冬コミでは追加キャラと拡張ルール(というかシナリオ)の領布を予定しています、次からキャラ毎にそれぞれ能力を付けて個性的なバトルが出来る様にしようかなと。キャラも今はこのツインテールさんしかいないですが、冬コミではもう1人増やす予定です。そしてこのツインテールさんもなにげにデザインが変わっちゃうかも…?


音楽サークル「THE SERGEANT」さんの夏コミ新譜CDのジャケ絵を描かせていただきました。C94の新譜は「ヘラクレスの栄光3」の1人フルオーケストラだそうです!是非ともよろしくお願いします。時間があればもう2段階ほど塗り込みたかったのですが、今回はお互い時間がキリキリだったもので…汗


さらに「ろぽ」さんのVTuberのキャラデザをさせて頂きました。とはいえ、ろぽさんの方でキャラの方向性がある程度決まっていたので、あとはとにかく色んな方向から見てもかわいくなる様に描いてみたんですがどうでしょうか。そして3Dモデルデザイナーさんが私のデザイン画以上にかわいく仕上げちゃってもうたまりません!(;゚∀゚)=3 声もめちゃかわいいんですよ!

 

2018.08.middle
夏コミC94に参加してきました!


夏コミ参加の方々お疲れ様でした。当サークルにも沢山の方がお越しいただき、当日用意した15セットも14時前に無事完売いたしました、ありがとうございます!会場では十名前後の方にゲームの体験バトルを行っていただきましたが、皆さん飲み込みが早くて僅か1ラウンド裏でガチバトルに突入する事も!喜

頒布物にはできる限りの注意を払ったつもりですが、なにぶん当日朝まで作業に追われていたため、何かしらの不備もあったのではないかと危惧しています。もし内容物が破損していたり、足りなかったりしてましたら、お手数ですがこちらまでお知らせくださいませ。


そしてコミケ後は友人達と中野の肉バルで打ち上げです!肉ウメェ!

 

2018.08.early
夏コミ出展用の1on1対戦オリジナルアナログゲームのコマの量産完了です。


とってもいい感じに焼き上がりました!検品を重ねて最終的に28セット完成です。今回のアナログゲーム製作で1番の山場を乗り越えました。とはいえ夏コミ本番まであと僅かなので、このまま気を抜かず作業を進めていきたいと思いますっ

 

2018.07.late
夏コミ出展用の1on1対戦オリジナルアナログゲームのコマの量産に入ります。


キャラ絵とベース合わせて240枚のプラパンを2日掛りでカッティングしました。しんどかった汗 これから全ての焼成に入りますが、なんとか上手くいって欲しいですね。何度も実験してるので多分大丈夫だと思うんですが…最低でも20セット分できてくれればと。南無三!

 

2018.07.late
夏コミ出展用の1on1対戦オリジナルアナログゲームのコマを試作しました。


手作り感満載です!プラパンを加工して作ったんですが、なかなかいい感じにコマが出来上がりそうです。当初予定してたFIMOはなかなかクセが強くて、ちょっと今の自分では上手く扱えそうにないので断念しました汗。

ただコレも量産は可能ながら1つ作るのに結構手間がかかるので、今回はなんとか30セット制作を目指したいと思います。ちなみにベースサイズが25ミリなので、この子らはスペースマリーンのミニチュアとほぼ同じ大きさだったりします。

 

2018.07.late
夏コミ出展用の1on1対戦オリジナルアナログゲームの説明書が一応完成しました。


口頭での説明ではなく、実際に説明書を読みながらテストプレイしてもらう為にとりあえず形にしてみました。しかしいざ冊子にしてみると、モニター越しでは気付かなかったアラがどんどん見えてきて、修正→印刷を繰り返してたら結局6回ほど刷り直してました汗、でもなんとか納得いく内容にはなったかなと。時間に余裕があればもう少し見栄え良くしたいと思います。


そしてゲームのコマは、このオーブンで固まる粘土『 FIMO 』を使います。と言ってもきちんとした造形のミニチュアを作る訳ではなく、キーホルダーの様なイラストコマになります。とはいえ果たして上手くいくでしょうか…

 

2018.07.early
夏コミ出展用の1on1対戦オリジナルアナログゲームのテストプレイを行いました。


知人数名に対戦相手をお願いしてバランス調整を繰り返したのですが、想像以上にキャラがフィールド上を駆け回る、なかなか激しいゲームに仕上がってきました。ゲーム中はキャラがやたら動き回るものの、ルール自体は出来るだけ簡単にしたつもりなので、皆さん初めてながら1ターン目でゲーム内容を完璧に理解してくれてました。ゲームのプレイ時間も大体15分程なので、ゲーセンの対戦格闘ゲームみたいな感覚で遊べるゲームを目指していこうかと!

 

2018.06.middle
夏コミC94のサークル参加が決まりました!8/10(金)東ヒ 38b 「 R-WORCUS


1on1の対戦型オリジナルアナログゲームを予定しています。続報はまた後日!

 

2018.02.middle
夏コミC94のサークル参加申し込みしました。


次のコミケではオリジナルアナログゲームに挑戦したいと思います!以前からいくつか構想していたオリジナルアナログゲームの一つが冬コミ後に急にアイデアがまとまって来たので、これは熱が冷める前に出さなくては!という感じになってしまいました。現時点で基本的なゲーム内容はほぼ固まっているので、先ずは簡単なコマなどを描き起こしてテストプレイを行い、夏コミ前には完成を目指したいと思っています。

 

2018.01.early
2018年もよろしくお願いします!
冬コミで発行したシスター・オヴ・バトル本を
いつもお世話になっているひがっちゲームズの2階ミニチュアゲームコーナで委託販売させていただく事になりました。店頭価格は300円です。

→通販ページはこちら 完売しました。


今回の委託版は、誤字脱字の修正と内容が間違ってたサンプルロスターの訂正、あと空白が目立つ箇所にテキストを追加したり、表紙に色付き厚紙を使用したりしました。冬コミの本もちゃんとこれで出せてたらよかったんですが…


オマケに今後の活動予定を載せたペーパーも挟んでいます。このツインテールちゃんがどういう活躍を見せるのか?

それから、ひがっちの常連さん達と新年一発目の40k対戦をしました!ありがとうございます。

最初はスペースウルフと1800pit戦を行い、続いてシスターオブバトル&プライマリススペースマリーンvsデスガード&ティラニッドの初の2000pitタッグバトルを行いました。久々の対戦だったのでシスター本に書いてる内容ほど上手く動かせなかったんですが笑、それでも一方的にフルボッコにされる事もなく良い感じに善戦できた気がします。しかし今版のペニテントエンジンの柔らかさはホント異常だなぁ…もーちょっと火力と防御力に比重を置いたロスターを練り直さないといけないですね。そして次に対戦する時は、新モデルの聖セレスティンをいい加減作って持って来なくては汗。

 

2017.12.late
冬コミお疲れ様でした!いやー今回は文章がメインという同人活動としては初の試みだったんですが、内容を濃くしようと張り切りすぎて原稿の作成がコミケ当日の午前中まで掛かってしまい、会場に到着したのが13時前という大ポカをやらかしてしまいました汗 でもできる限り納得のいく内容にしたかったので、諦めずになんとか書ききれて良かったです。


内容は、シスターオヴバトル&帝国宗務局の全てのユニット解説とバトル時の動かし方など、今まで対戦して思いついた事をアレコレ書いた指南書みたいなものです。もちろんゲームに慣れてる方が見たら穴だらけかもしれないですが、こういう動かし方や捉え方をしてる人もいる…というぬるーい目で見守っていただけたら幸いかなと〜笑


しかし凄くマズイ誤植を発見!サンプルロスターで ダイアロガス×3 となってますが、正しくはダイアロガス×2 です汗。他にもちょいちょい漢字の間違いがあるので、もし再発行する際はきちんと修正しないといけませんね。


会場でCDジャケットを描かせていただいたTHE SERGEANTさんから新譜CDもいただきました。ありがとうございます!


今年は非常に大規模なアートワークを描かせていただいたので、あまり本は出せませんでしたが、来年は時間調整をしっかりやってもっと色々描いていきたいと思います。


そしてコミケ後はスクエニの開発部に勤めてる身内と数年ぶりに食事をしました。お互い今こういう事やってるよ〜という話をして2人で秋葉原のHEY!をウロウロと。「このゲームのココとか凄いよね」とかそんな会話もしたり。

 

2017.12.late
冬コミの時期がやってきました、今回もウォーハンマーでサークル参加いたします。

29日金曜日 東7 と 38b R-WORCUS

今回の新刊は私が40kで愛用してるシスター・オヴ・バトルの本です、各ユニットの前版との性能比較や対戦時の動かし方など、8版を対戦して思いついた事をアレコレ書いてみました。今回は漫画ではなく文章が中心となっています。コピー本なのでそんなに沢山は持っていかないかもですが、もし良ければ是非手に取ってみてください。


29日金曜日 東3 ウ 11b THE SERGEANT

さらに音楽サークル「THE SERGEANT」さんの冬コミ新譜CDのジャケ絵を描かせていただきました。C93の新譜は「ヒットラーの復活」「ソルスティス」「スーパーゼビウス」「モンティのドキドキ大脱走」のBGMをオーケストラアレンジにした音楽CDを頒布するとの事です、是非ともよろしくお願いします。

そしてさらにさらにSteamCityのPCゲームが発表されました。

私がコンセプトアートを描かせていただいているアメリカのミニチュアメーカーMagic Reality Miniatures社の代表作・SteamCityがなんと海外PCゲームで登場します。原作者Yoji Momiyama氏の監修の元、かなりミニチュアゲームを意識した内容になるそうなので非常に楽しみです。ちなみに私は左の女の子と街全体のデザイン画を描かせていただきました。

 

2017.12.early
待望のチャプター・アプルーヴド2017が発売されました。私が使ってるアデプタ・ソロリタス(シスター・オヴ・バトル)にはどんな調整が入ったのか早速チェックしてみました。

聖セレスティンのポイント調整。
聖セレスティン本人のポイントが200pitに大幅アップ!前回が150pitという破格すぎるコスパだったので、今回ポイントがアップするのも仕方ないのですが、面白いのはジェミナエのポイントが半分に下がった事です。セレスティンはジェミナエ1人だけ同行させると丁度良い塩梅なんですが、今回それだとポイントが25pitも上昇する事になり、逆にコスパ的にちょっと微妙だったジェミナエ2人同行だと前回とポイントが変わらないというのは、中々上手い調整ではないかと。今後は聖セレスティンは3人で250pitのキャラと割り切った方が良いかもしれないですね。

訓戒の刃が復活。
以前はポイントの高さの割に【貫通】3だったので、「エヴィスサレイターの方が良くね?」という微妙さの訓戒の刃でしたが、今回は威力が上がってエヴィスサレイターより強くなり、ポイントも僅か4pitなのでカノネスの必須アイテムに!

ウォーギアのポイントが下がった。
エヴィスサレイターやインフェルノピストルなどの高威力兵器のポイントが下がったので、アーミー自体の火力を大幅に強化できます。そしてエクソシストのポイントもかなり下がって、なんとレマン=ラスの車体だけのポイントとほとんど同じに!エクソシストは弾数が不安定で、信仰の奇跡も無いので正直イマイチかなと思ってたんですが、このポイントなら有りかもしれない。

優先目標確保、策略、ウォーロード能力の追加。
色々条件が書かれてますが、要は修道聖女会のキーワードを持ったユニットで、デタッチメント(パトロールもOK、ただし戦力不足のユニットはダメ)を1つでも組んで、バトルフォージドアーミーを編成したら良いワケですね。「優先目標確保」はコレぞバトルフォージドアーミー!という感じがして燃えます。ウォーロード能力は普通に【気】+1の方がいいかな?そして策略は強いですね!特に「殉教」はダイアロガスを大量に入れたくなります。一瞬ジェミナエが戦死する度に殉教を発動できたらゲキツヨじゃね?と思いましたが、「戦場から取り除く」とあるので、ジェミナエではなく聖セレスティンが完全に戦死した時じゃないと発動しなさそうです、残念!(そりゃそうだ)。「純潔なる信仰」も、相手がマグナスだろうとカイロスだろうと、どんなサイカーのサイキックパワーも4+で抵抗できるので、かなり強力ではないかと!

今回のチャプター・アプルーヴドでは、シスターは全体的にアッパー調整されていますね。一見ポイントが跳ね上がった聖セレスティンも「低ポイント戦では使いにくいけど、高ポイント戦では今まで通り」という良調整です。ただ個人的に割高だと思ってるシスター・レペンティアにポイント修正が入らなかったのは意外でした、相変わらずとても死にやすい上にミストレスがキャラクターになったので実質、前版よりも大幅にポイントアップした事になるので、白兵戦用の戦力ならバトル・コンクレイヴの方が編入しやすいんです…。

収録シナリオはエターナル・ウォーの「威力偵察」が慌ただしくて楽しそうなので、先ずはこれをやってみたいです。ただ追加の策略が強いだけに、今後はCPをあっという間に消費してしまいそうなので、なるべくCPを稼ぎつつ、やりたい事もちゃんとやれる編成を新しく考えなければならないですね。

 

2017.11.early
11月12日の
ゲームレジェンドで、同人友の仔犬大怪我さんが配布するレトロゲーム冊子にイラストを四点描かせていただきました。よろしくお願いしますっ! サークル配置場所 46a dip switch

 

2017.10.middle
シスターオヴバトルと策略とデタッチメントとバトルフォージド・アーミーについて書いてみました。(初心者向け)

策略を使おう!
8版から基本ルールに追加された新要素『策略』、これは特定のタイミングで指令ポイント(CP)を消費することで特殊な効果が発動できるという、アーミー自体が会得するサイキックパワーの様なものです。公式の
WARHAMMER COMMUNITYに基本となる3つの策略が載っているので、先ずはそれらを使っていきましょう。

1つ目の策略は『リロール指令』で、これは何かのダイス判定に失敗した時、指令ポイント1CP使うことで失敗したダイス判定のダイス1個を振り直せるというもの。2つ目の策略は『防衛逆襲』で、これは相手ターンで複数の敵ユニットから突撃されて最初の敵ユニットが白兵戦攻撃を終えた直後に、指令ポイント2CP使うことで次はこちらの味方ユニット1つが白兵戦攻撃を行えるというもの。そして策略3つ目は『狂気の奮戦』で、これは自軍ユニット1つが戦意テストを迫られた時、指令ポイント2CP使うことでダイス判定はしないで自動的に戦意テストに成功するというものです。

ちなみにひとつのフェイズ中に同じ策略は2回以上使えないので要注意です、例えばある戦意フェイズで2つのユニットが戦意テストを迫られた時、1つは狂気の奮戦で自動成功できるものの、もう1つのユニットは普通に戦意テストを行って、失敗したらリロール指令で振り直すという事になります(もちろん策略を使わない選択もあり)。

この3つの策略の中で、個人的に1番重要なのはリロール指令じゃないかなと思っています。

指令ポイント(CP)をゲットしよう!
失敗したダイス判定を振り直せる超便利な策略・リロール指令。特にシスターは自ターンの初めに行う『信仰の奇跡ロール』と、聖セレスティンが戦死した際の『奇跡の顕現ロール』は、どっちも2+とはいえ万一失敗しようものならウルトラ吐血モノだし、振り直しもリロール指令でしかできないので、リロール指令(策略)が使える指令ポイントの獲得は非常に重要なのです。そんな重要な指令ポイントを手っ取り早く獲得するには3つの方法があります。1つ目は公式の40k対戦ルールブック
バトル入門 の巻末にある対戦シナリオ「戦争あるのみ」でアンダードッグになる事。2つ目は単に対戦相手とお互い使える指令ポイントの数を決めてプレイする事。そして3つ目はバトルフォージド・アーミーを組む事です。

バトルフォージド・アーミーを組もう!
バトルフォージド・アーミーとは、デタッチメントと呼ばれる編成表に沿って兵科とユニットの数を揃えて組んだアーミーの事で、特定のデタッチメント通りにアーミーを組むことで指令ポイントが獲得できるというものです。ひとつのアーミー内に複数のデタッチメントを組み合わせることも出来ます。公式の
WARHAMMER COMMUNITYに指令ポイントを3CP獲得できる『バタリオン・デタッチメント』の編成表が載ってるので、先ずはそれから初めてみましょう。


バタリオン・デタッチメントの編成表によると、デタッチメントでアーミーを組む際は、全てのユニットが共通の陣営キーワードを持ってなければならないということ。これは共通する陣営キーワードが1つでもあれば良いので、例えば『帝国』という陣営キーワードを持ったユニット同士ならば、アデプタ・ソロリタスでもスペースマリーンでもスキタリでもゴチャ混ぜで組んでもOKという事です。

そして編成表の灰色のマス(スロット)がデタッチメントのそれぞれの兵科に編入可能なユニットの数で、赤いマスがデタッチメントを組む為に最低限必要な兵科と、そのユニットの数です。つまりこの編成表でいくのなら、同じ陣営キーワードを持ったHQユニット2つとトループユニットを3つ揃えれば、バタリオン・デタッチメントを組んだこととなり、指令ポイントを3CP獲得できるというワケです。それさえ満たせば後はその他のユニットをそれぞれの兵科のスロット数以内で好きな様に入れていけば良いのです。輸送車両は10台まで編入できます。当然ながら対戦で決めてあるアーミーの合計ポイントを超えないようにユニットを編成しましょう。


ちなみに指令ポイントが入らないパトロール・デタッチメントですが、これはなんの為にあるのかというと複合アーミーを組むとき必要になります。バトルフォージド・アーミーはアーミー内の全てのユニットが何らかのデタッチメントを組んでいなければならず、1つでもユニットが溢れているとバトルフォージド・アーミーとして成立しないのです。

例えばアデプタ・ソロリタスのHQユニット2つとトループユニット4つのアーミーなら、バタリオン・デタッチメントが組めて指令ポイントを3CP獲得できますが、もしこれにスペースマリーンのトループユニット3つを加えようとすると、トループ枠がバタリオン・デタッチメントの上限を超えてバトルフォージド・アーミーが成立しなくなり、指令ポイントも消失してしまう事になります。なのでHQユニットをもう1つ追加してスペースマリーンとパトロール・デタッチメントを組む事で、アーミー内の全てのユニットがデタッチメントを組んだ事となり、バタリオン分の3CPを獲得したままでいられるのです。

WARHAMMER COMMUNITYに載っていない他のデタッチメントについては、スターターボックスDark Imperiumなどの英語版ルールブックに記載されてるので、そちらを確認してみてください。とりあえずシスターは、このバタリオン・デタッチメントで指令ポイントを3CP獲得しておけば「信仰の奇跡ロール」と「奇跡の顕現ロール」に関してはひとまずヒヤヒヤが減るのではないかと笑。

追記
どうやらバトルフォージド・アーミーを組みさえすれば、基本ボーナスとして指令ポイントが3CP獲得できるようです。つまりパトロール・デタッチメント(HQ1つとトループ1つ)を組んだだけでも、指令ポイントが3CP獲得できるワケです。ただしこの基本ボーナスは1つのバトルフォージド・アーミーにつき3CPまでなので、パトロール・デタッチメントを2つ以上組んでも貰えるポイントは3CPまでとなり、それ以上のポイントを獲得したい場合は、バタリオン・デタッチメントなどポイントが入るデタッチメントを組むしかないという事になります。バタリオン・デタッチメントで組めば指令ポイントが合計6CPも獲得です!

ついでに、40kのアーミー編成のまとめを書くとこんな感じです。
アンバウンド・アーミー編成…ポイント以内で好きなようにユニットを組み合わせられるが、特にボーナスはない。
バトルフォージド・アーミー編成…デタッチメントに沿って編成を組まないといけないが、策略と指令ポイントが獲得できる。

HQ1人とトループ1ユニット揃えれば簡単にバトルフォージド・アーミー(パトロールデタッチメント)が完成して、3つの策略と3CPの指令ポイントが獲得できるので、余程偏った編成を組みたいのでなければバトルフォージドで決まりではないかと。

 

2017.10.early
ひがっちゲームズさんでウォーハンマー40kの1500pit戦を2試合やってきました。今回の対戦相手は
さんのケイオス・スペースマリーンと、 さんのプライマリス・スペースマリーン!どちらの方とも初めての対戦であります、ありがとうございますっヽ(*´∀`)ノ (熱中しすぎて写真撮り忘れたので、ひがっちさんが撮った写真お借りしました汗)


最初はイエールさんのケイオスマリーン戦からです。イエールさんはアデプタ・ソロリタス戦は今回が初めてという事と、珍しくこちらが先攻を頂いた事もあって、初っ端からワカラン殺しを押し付けて一本取らせてもらったり汗。アデプタ・ソロリタスは格闘ゲームでいうなら美少女の空手家キャラだと思ったらバリバリの脳筋投げキャラで、画面端で唐草コンボ決めたみたいな感じですな。でもこちらの手の内は全て見せてしまったので、イエールさんにはもう同じ戦法は通用しない気がしました。


続いてはguchiopera さんのプライマリス・スペースマリーン戦!8版から登場した新アーミーとの初対戦です!そして今度はこちらがワカラン殺しの目に笑。まさかの衛星軌道砲撃とプライマリス側の猛射撃で1ターン表でゴッソリ持ってかれてしまいました、ペニテントエンジンもいきなり全滅!その後の追い上げでなんとか相手のユニットも半数ほど減らしましたが、結局4ターン目で全滅ですっ 防衛戦とかなんとかだった気がしたんですがお互い序盤から総力戦になっちゃいました笑

そんなワケで今回気付いた事は…
聖セレスティンと信仰の奇跡はやっぱ強い。
ペニテントエンジンもヤバイ。ロールが良ければナント【回】8ですぜ奥さん!!でも本体は柔らかい。
ストームボルターも強い!ドミニオンなら最低人数でも近距離で16発撃てるのでマリーン系の兵もどんどん削れる。
パワーウェポンはパワーアックスが総合的に1番良さげ。しかしシスターは【接】が弱いので宝の持ち腐れ感もある。
エクソシストは弾数の不安定さがやはり辛い。安定を求めるなら二台以上入れたいけどポイントが激重…
情景モデル重要!ひがっちさんには情景モデルもたくさんあるので、もっと隠れやすい物を選んで良かったかも。
そろそろネタがバレてきそう汗

ちなみに今回の対戦から導入したカードとマーカーです。かなりやっつけで作った物ですが、なかなか便利でした。

 

2017.10.early
ここ数ヶ月間、原稿に追われつつインデックス・インペリアル2を読みながら新アデプタソロリタス(シスターオヴバトル)を色々検証してたんですが、先日の対戦で確信したのがいくつかあったので、ちょっとそれらをまとめてみました。

案の定、聖セレスティンが強烈!!少なくとも今出てるインデックス5冊の150pitキャラの中では間違いなく最強かと!
信仰の奇跡が歴代屈指の強さ!ソロリタスの足りない部分を必要以上に補ってくれてる。
ペニテントエンジンも1発爆散しなくなって安心感が増した。ただ相変わらず柔らかいのでやっぱりすぐ破壊される。
フレイマーが強い!特にヘヴィフレイマーはメチャ強い!!ストームボルターもラピット2になって強力!
輸送車両は移動前じゃないと降車できない上にファイアポイントもなくなって使いにくくなってる。
リロール指令がすんごい便利。2+でダイス1個だけのロールとかだとまず失敗しない。ちょっとぬるいんじゃない〜?
8版のルール変更が良い感じにソロリタスの底上げになっている。特に攻6以上の即死と【敏】が無くなったのは大きい。

今回気付いたのは大体こんな感じで、そのほとんどが実際やってみて「やっぱり」と思ったものでした。ソロリタスは聖セレスティンと信仰の奇跡以外は特に大きな変更は無いんですが、やっぱその2つの変更が強烈なのと、8版のルールそのものがソロリタスとピッタリ噛み合ってて底上げされてるんですよね。ケイオスマリーン相手に先に殴れるなんて夢のようですv

 

2017.10.early
40k8版の初対戦をしてきました。

お相手はひがっちゲームズ2Fミニチュアゲームコーナースタッフの坂本さん率いるデスガード1500pit戦!なにげに10ヶ月ぶりの対戦だったりも。8版はルールが簡略化されて大分スピーディになってますね、おかげで対戦中にルールブックの確認でゲームを中断する事もなくなってホント時間がかからなくなりました笑。

あと通行しにくい地形判定が無くなったのでインファントリーが動かしやすい!そしてユニットがすごく死にやすい!バンバン死んで4ターン目で全滅しましたw 最後の方はペニテントエンジンもブロートドローンも爆発しまくりの敵も味方も巻き込まれて死にまくりでボンバーマンかよ!状態でした汗 あと何気にポクスウォーカーが恐ろしかったです…((;゚Д゚))

いやー久々の対戦だったんでこちらの縦深ユニットの存在を最後まで忘れてたり、プリーストのオーラアビリティ忘れてたりでグダグダでしたが、確認したかった事や試したかった事がやれて良かったです。やっぱミニチュアゲームは楽しいな〜

 

インフォメージョン information


とらのあな様で委託販売中!

C92夏コミでウォーハンマー40kのビークル擬人化漫画同人誌を発行しました。

業界初?ウォーハンマー40kビークル擬人化漫画同人誌
FRONT ARMOUR 11

イモレイターやライノが擬人化(=ビークル娘、通称・クルむす)になった40k世界という、なかなかイタい内容ですv イモレイターのクルむすことイモちゃんが割と酷い目に…友人の仔犬大怪我さんにゲストとアシストを協力していただきました。超感謝!



そしてなんと!
スペシャルゲストに『
原田たけひと 』先生をお迎えしています!

あるキッカケで、あの原田たけひと先生にビークル娘のゲスト絵を描いていただきました!!マジです!先生のウォーハンマー40k絵を見たいと切望していただけに実に感無量であります!原田たけひと先生の描かれた激カワビークル娘(というかビークル・プレネールさんv)絵、みなさんも是非その目でご覧になってください!

 
40k擬人化本第一段ということで物理的に薄い本ですが、漫画やイラスト、ネタを可能な限り詰め込んでみました!手に取る機会がありましたら、是非よろしくお願いします。

とらのあな様で委託販売中!

 

▼ ウォーハンマー40k同人誌既刊 ▼

.*ウォーハンマー40kの2次創作個人誌まとめ本 『 DEEP STRIKE FORCE EX』 委託販売開始しました。

☆お買い求めはこちらから☆ 完売しました。

 


現在、制作プロジェクトに参加させて頂いている米国のミニチュアモデルメーカーMagic Reality Miniatures にて、私がコンセプトアートを描かせて頂いたミニチュアモデル第2弾が発売されました。

第一弾は SteamCity - Domigeant (ドミジェント)

ヤマガミコーポレーションが支配する機械都市・スチームシティの治安維持部隊を仕切る女性士官・ドミジェントです。ワールドセッティングデザイナー Yoji Momiyama氏の監修の元、複数のラフを経て最終的にこのデザイン画に決定しました。Yoji氏のラバーに対する拘りには終始圧倒されっぱなしでした笑

そして、そのデザイン画を3Dプリンター用に描き起こしたのが、3DモデルデザイナーRicardo Diaz氏。まさか自分が描いたコンセプトアートを海外の3Dデザイナーに立体化してもらえるなんて夢にも思わなかったですよホント。関係者の方々に深く感謝であります。


現在、制作プロジェクトに参加させて頂いている米国のミニチュアモデルメーカーMagic Reality Miniatures にて、私がコンセプトアートを描かせて頂いたミニチュアモデル第2弾が発売されました。


第二弾は SteamCity - STEEL ENFORCER /Fatigue Type 1b

ヤマガミコーポレーションが支配する機械都市・スチームシティの治安維持部隊隊員・スティールエンフォーサー(1b式装甲服ver)です。ワールドセッティングデザイナー Yoji Momiyama氏の監修の元、複数のラフを経て最終的にこのデザイン画に決定しました。実はこれ、私が一番最初に描かせていただいたコンセプトアートなんです。1年の時を経て鋼の執行者ver1がついに製品化しました、ありがとうございます。

そして、そのデザイン画を3Dプリンター用に描き起こしたのが、前回ドミジェントと同じく3DモデルデザイナーRicardo Diaz氏です。ちょいと地味めでスチームパンク感が弱かった私のデザイン画に見事なアレンジを加えて3D化して下さいました。特にショルダーアーマーの表現には凄く驚きました…流石としか言いようがありません。


現在、制作プロジェクトに参加させて頂いている米国のミニチュアモデルメーカーMagic Reality Miniatures にて、私がコンセプトアートを描かせて頂いたミニチュアモデル第三弾が発売されました。


第三弾は SteamCity - SHAMESLAVE

ヤマガミ・コーポレーションが生み出した悍しき人体改造兵器・シェイムスレイヴです。ワールドセッティングデザイナー Yoji Momiyama氏の監修の元、複数のラフを経て最終的にこのデザイン画に決定しました。シェイムスレイヴは肉体改造手術と洗脳を施されたスティールエンフォーサーの成れの姿で、胸には彼が守れなかった女主人の遺影を矮小化された「元の腕」で抱えさせられているというのです。悲惨すぎる…

そして、今回そのデザイン画を3Dプリンター用に描き起こしたのが、3DモデルデザイナーDamianJara氏です。日頃ボディビルで身体を鍛えてるというだけあって肉体表現の拘りが凄まじく、シェイムスレイブも私のイラストを遥かに超える見事なブヨ肉に仕上げてくれました。こうして見ると「なるほど!」と唸らざずにはいられない完璧なブヨ体型っぷりで、とても勉強になりました。ちなみに頭の提灯は、強度の問題で無しになっちゃったそうです汗  イカスと思ってただけに残念っ


そして今月24日にアイコノクラズムさんで取り扱い開始致しました皆様よろしくおねがいします。



雑記 Matter of hobby

 

information.
2016
2015年の10月頃から、米国のミニチュアメーカー『マジックリアリティ』の制作プロジェクトに参加させて頂いてます。

ご覧の通り、私が参加した時点で既に凄さまじいクオリティーのミニチュアを作られている海外メーカーで、正直自分がどの程度お役に立てるのか、皆目見当もつかなかったんですが、同じ邦人であるワールドセッティングデザイナー氏の多大なサポートのおかげで、なんとか一緒に進行させていただいてます。激烈感謝です。



*ウォーハンマー40kの2次創作個人誌第3弾『 DEEP STRIKE FORCE 』 コミックマーケット88にて販売。
★ミニチュアゲームショップ・アイコノクラズムで委託販売を行っています。完売しました。


*ウォーハンマー40kの2次創作個人誌『 DEATH STRUCT FORCE 』 コミックマーケット86にて販売。
完売しました。


BY.ヒロ・キタハラ (ウィッチキル) ABOUT Twitter 過去絵ログ

ウォーハンマー 40.000 Warhammer 40k.

*上から日付の古い順です

2015.02.middle
約1年前の2014年1月頃から対戦を始めた、イギリスのSF戦争ミニチュアゲーム・ウォーハンマー40K。現在それのメインアーミーである、シスター・オヴ・バトルことアデプタ・ソロリタス(聖女修道会)の増強を再開です。


先ずは、なんと言ってもミニチュアのペイントから行います。ゲームをするようになってからは全然まともに塗ってませんからね; ペイントセットや初期に買ったシタデルカラーもまだまだ充分使えますし。

密か中央のドーザーブレードは、磁石を付けてパレット置きに使ってたり。パレットを斜めに置き易いんです。


とりあえずHQキャラを先に塗ろうと思います。左端は、お馴染みユーライヤ・ヤコブス。戦争賛美歌、狂信者、そして周囲のユニットに恐れるものなしと逆襲付加など、スペシャルルール満載の超有能なユニットで、我が軍に絶対欠かせない存在であります。ウォーロード能力が合流ユニットの信仰の盾5+強化なので、シスターレペンティアスカッドとの合流が相性抜群なんですが、結構ハイリスクなのが悩みどころ…ちなみに意外とトラブルメーカーな人物らしく、彼の護衛に就いてるシスター達からは、わりと迷惑がられてるようです笑

中央は、<生ける聖人>こと聖セレスティン。当サイトでは何故かいつも後ろ姿しか写ってない方です。40kユーザーの間でも人気が高いミニチュアで、シスターは集めてないけどコレなら持ってるという人も多いようです。戦闘力が高く、1回だけ復活できる奇跡やジャンプパックで飛び回る機動力など使い勝手は非常に良いんですが、武器が【貫通】3固定で、さらに【耐】も3しかないのでターミネイターやモンスター戦はかなり不利に。対戦アーミーによって編入したりしなかったりしてます。

右端の2体はカノネス。聖セレスティンやヤコブスに比べると存在感が薄いものの、特殊装備でカスタマイズできるのが強みです。即死を防ぐ永遠の戦士付加や、攻撃力と貫通力に優れたエヴィセレイターなどは、聖セレスティンすら歯が立たない強敵にも対抗できる可能性を秘めてるのでは。さらに、この人の真価は聖戦旗を持つコマンドスカッドが編入できる事!カノネスもまた、対戦アーミーによって編入するかどうか決めてます。


HQキャラが塗れたら、その次はバトルシスター達です。ウチの編成は基本的に、主力がドミニオン×2、リトリピューター×1、トループ×2で、これにセラフィム×1やレペンティア×1、コマンドスカッド×1、エクレシアーキーバトルコンクレイヴ×1などを状況に応じて加える…という感じでやってます。シスターの兵科はダークエンジェルなどと比べて、かなり種類が少ないんですが、それぞれが結構尖ってるので、対戦相手のアーミーに応じた編成が出来ない事もないのです。

まぁ、もしどうしようもなくなった場合は、ダークエンジェルとの同盟です!にしても、セラフィム・スベリオールのミニチュアが1つも無いのが残念…もう3,4年早く始めてれば買えてたのかしら汗


バラバラになったエクソシストのパイプオルガンも真鍮を通して補強、さらにネオジム磁石を4個埋め込んで、本体と脱着できるようにしました。これで持ち運びが少し楽になり、ついでに『搭載武器大破』も表現できます。

エクソシストは、モンスターや装甲値12以下のビークルに対してはベラボーに強いんですが、それ以上の装甲を持つ相手には、発射数の不安定さも相まって相性が悪い感じです。対戦アーミーによっては、マルチメルタ搭載のイモレイター+αに変えた方がいいかもしれません。…エクソシストミサイルランチャーを1発しか発射しない代わりに【攻】10&ツインリンクになる、という撃ち分けでも出来ればサイコーなんですが。

ペニテントエンジンは当初、オープントップで【敏】3という微妙さから、今後の対戦では使わないつもりだったんですが、【敏】3以下の相手に対する破壊力はドレッドノートをも遥かに上回り、さらに80ptというポイントの安さから、自陣のお留守番係に丁度良い気がしてきました。ヘヴィフレイマー×2に、装甲、車体もレイザーパック並にはあるので、こちらに突っ込んできた相手のファストアタックにも、それなり対抗できるかもしれません。前の対戦では、信仰の盾で貫通ヒットを無効化する、というしぶとさも見せてくれましたし!


そして忘れてはいけない、ダークエンジェル戦団!!メインに使う事は余りないかもですが、それでも愛着はタップリありますし、やはりドロップポッド使ってみたいですよね。同盟関係がバトルブラザーになってくれてホント良かったv いつかランドレイダーにレペンティア載せてやるんですよ!

それにしても、中央のカノネスとの身長差が激しく萌えるッッ

TOPに戻る

2015.02.late
アデプタ・ソロリタス・アーミーHQキャラの一人、聖セレスティン完成です!


< 生ける聖人 > セレスティン

Celestine the Living Saint


当初は何も弄らずそのまま組み立ててペイントするつもりでしたが、公式絵で教典を持って飛んでるハトを見て「これだ!」と閃き、セレスティンの左手をホスピタラーの左手と付け替え、羽ばたいてるハトを軽量パテで自作してみました。

そして紙と針金で作った教典をハトに持たせ、セレスティンのジャンプパックにくっ付けて宙を飛んでる様にしてみたり。結構思い描いていた通りに出来上がったのではないかなと。ちなみに教典とハトは、磁石で付けているので取り外し自由です。

セレスティンの顔も、頬と唇を削って少し平坦な顔立ちに整形し、解きパテで髪もボリュームアップ。ベースのデコレーションは、薄くスライスした発泡スチロールをちぎってベースに貼り付けて色を塗り、荒地の石畳に見立ててみました。

帝国が窮地に立たされた時、小さな天使達とともに天空より現れるという聖セレスティン…その人間離れした強さと戦場を神々しく華麗に舞う姿から、『生ける聖人』と称され、多くの民衆に敬われているそうです。しかし彼女のモデルをよくよく見てみると、マントの下には空を飛ぶ為のジャンプパックが隠されてたり、一緒にいる天使達も、実は背中から伸びるチューブで繋がった人工物だったりで、何気にイカサマ感が漂ってるお方なんですよね。 暗黒の41千年記の世界観をさりげなく表してて素敵です笑

 

2015.02.late
アデプタ・ソロリタス・アーミー2つ目のHQキャラ、カノネス完成です!


カノネス(修道軍司令官)

Canoness


書物を持った手は本来なら両方とも右手なんですが、指を改装して左手にしました。カノネスの装備を剣+書物の組み合わせにしたかったのと、銃のパーツを他のミニチュアのコンバージョンに使いたかったりで。こちらも結構、思い描いてた通りに出来上がったんじゃないかなと。

にしても、イカツイ顔つきが多い(笑)シスターミニチュアの中で、カノネスの顔は比較的カワイイ感じがします。もう少し綺麗に塗れたら良かったんですが、これが限界っス汗

ちなみにカノネスとは、人の名前ではなく役職の名称なので、この2人でHQを務める事も出来きます。カノブラックとカノホワイト!ふたりはカノネス!!…とはいえ、ヤコブスやセレスティンを削ってまでHQをカノネス2人にするメリットは、あまり無いような気がw ゲームでメインに使うのは、チェーンソードを持った黒の方になりそう。

 

2015.03.early
アデプタ・ソロリタス・アーミー3つ目のHQキャラのヤコブス完成です!


< 信仰の守護者 > ユーライア・ヤコブス

Uriah Jacobus, Protector of the Faith


ロザリウスという強力なバリア護符を持っているのに、わざわざ防弾用の鉄板を絡ってるイカしたジジイ、ヤコブス!味方ユニットに様々なボーナスを与える優秀なHQキャラで、特に左手に持ってる旗は、見た者を激しく興奮させ、どんな窮地に立たされても絶対逃げ出さなくするというスグレ物!かの者ら恐怖を(略)を持たないシスターアーミーにおいては、かなり重宝します。…旗の上に付いてるでっかいメタル髑髏が、皇帝陛下を彷彿させちゃうんでしょうか?

しかし、この人自身はそれほど強くない為、対戦中は割と影が薄くなるというか…リディーマーという、強力なショットガンを持ってますが、この武器が目立って活躍する事もないです。しかしリディーマーの真の狙いは、「ではヤコブブスもショットガンで射撃します、アサルト2、攻4、貫通4です」 相手「え?ショットガンなのに?」と初見の人をちょっとだけ驚かせる事であります笑

ちなみに隣にいるのはミストレス・オヴ・レペンタンス。女性ミニチュアでは珍しいデ…もといポチャ体型のシスターです。本来ならヤコブスとは特に関わりがあるワケでもないんですが、ウチのアーミーではこの人の部隊とヤコブスが合流する事が多いので、一緒にペイントしてみたり。

それにしても帝国への強い使命感でホイホイ厄介事に首を突っ込み、戦闘が起きるたびに同行してるシスターらが呆れながらも、彼と共に命掛けで戦うって言うんですからアツいですよね。まるでバトル系ギャルゲーの主人公じゃありませんか!

 

2015.03.early
ソロリタス・コマンドスカッド完成です!


ソロリタス・コマンド・スカッド

Sororitas Command Squad


左からシスター・ホスピタラー、シスター・ダイアロガス、シスター・セレスティアン/聖戦旗装備

ホスピタラーは、マリーンでいうアポシカリー(衛生兵)で、左手を聖セレスティンに移植したので、代わりにカノネスのボルトピストル持ちの左手を付けてみたり。そしてこのホスピタラーのミニチュア、正面と後ろ姿のギャップがモノ凄いんですよ!正面だけ見るとキャットウーマンみたいな雰囲気なんですが、後ろ姿はまさに看護婦シスターそのもの。ピストルとの組み合わせは、ガンアクション漫画などではベタなネタですが、やはりカッコ良さそうなのでやってみました。 しかしボルトピストルが結構大きくてほとんどサブマシンガン状態…コレ、シスター達のガンホルダーには絶対入らない大きさですよね笑

ダイアロガスは、手にした拡声器で説教を唱え、周囲のシスターユニットの信仰の奇跡の成功率を高めてくれる人。折角なのでソロリタス用テカールをペタペタ貼ってみました。身体に絡ってる教典の文字は、単にコピックで点々を打っただけですが、遠目で見る分にはそれほど違和感もない気が。

セレスティアンが装備してる旗は、祝福されし軍旗をビークル用アクセサリーで派手めにして聖戦旗にアップグレード!周囲のユニットの攻撃回数を増やすので、レペンティアを中心とした白兵戦主体の編成時には欠かせない、コマンドスカッドで一番重要な人であります!ちなみにカノネスが居ないとコマンドスカッドが編入できないので、カノネス=聖戦旗と言っても過言ではないかも!?

 

2015.03.middle
ペニテントエンジン完成です!


ペニテント・エンジン

Penitent Engine


贖罪用戦闘兵器ペニテントエンジン!!重罪を犯したシスターや正教会のプリーストをウォーカーの機体に繋ぎ止め、死ぬまで戦わせる事でその罪を償わせるという、トンデモない設定のユニットです…機体から伸びるチューブやハーネスが、操縦者の肉体に深々と喰い込んでて凄く痛々しいんですよ; 操縦者のモデルはシスターとプリーストの2つあって、どちらかを機体に接着するんですが、大抵の人はシスターを選ぶんじゃないでしょうか笑

現行のGW製メタルフィギュアとしては最大クラスの物で、アデプタ・ソロリタスのミニチュアの中でも聖セレスティンと並んで、とても人気が高いモデルのようです。ただベース以外は全部金属なので、とにかく重くてペイントするのが大変でした汗

ちなみに両腕と左足にネオジム磁石が仕込んであるので、爆煙に見立てた綿を付けて武器大破や移動不能などを表現できる様にしてみたり。

 

2015.03.late
アデプタソロリタス編成Bプラン・シスターユニットのベタ塗り終了です。


今月末にオルクと1500pt戦を行いますので、対オルク戦に必要なシスターユニットのベタ塗りを済ませました。塗り込みはまだ不完全ですが、とりあえず少しは以前よりも見栄えがマシになったんではないでしょうか。

対戦での作戦ですが、先ずはシスターレペンティアとペニテントエンジンがオルク軍に突っ込んで無理心中を図り(笑)、生き残ったオルクを複数のフレイマーとコンビプラズマで焼却しながら目標を確保…というのがこちらの狙いで、HQはヤコブスとカノネスになるので、聖セレスティンの出番は今回も無しです。果たしてどうなるのか今からメチャワクワクなんですよ!

ちなみに編成Aプランは、レペンティア、カノネス、コマンドスカッドを→聖セレスティン、セラフィム、イモレイター、ライノに替えたもので、普段はこっちがメインになるのでは。レペンティア中心のBプランは、対オルクとティラニッド戦用かな?

 

2015.03.late
アデプタソロリタス編成Bプラン・ビークルのベタ塗り終了です。


とりあえずですが、エクソシストとイモレイター2台をベタ塗りしました。ベタ塗りだけでも装飾とメカメカしさがハッキリして、見た目は大分マシになったんではないでしょうか。ちなみに車体の側面にあるソロリタスの紋章、実は磁石で付けてあるので反対側に付け直す事もでき、ギャラリーが多い方に紋章を付けて目立つ様にしてたりも。

でもこの「派手に飾ったビークルを戦場で見せびらかす」というのは、なんとソロリタスの公式設定でもあるんですよ!なにげにおかしな設定が多いんですよね、このお姉さま方。


そして二台目のペニテントエンジン!操縦者はプリースト(男)。次のオルク戦の為に急遽作ったので、黒のアンダーコートをしただけでペイントは間に合わず…; ちなみにクルセイダーやアルコフラジェラントといったバトルコンクレイシブは、我が軍の編成から外す事にしました。どうも彼らは攻守のバランスが優秀すぎて面白みがないというか…ヒヤヒヤしながら相手に近づき、猛烈な攻撃力で反撃する!やはりコレですよ!

TOPに戻る

2015.03.late
ゲームブレインショップ・ひがっちでウォーハンマー40kの1500pt戦を行いました。対戦アーミーは再びオルクで、前回戦ったNSさんとは別で今回はMさんが相手です!Mさんといえば昨年末ひがっちで数百体にも及ぶオルクの大軍隊を展示してた方ですよね↓


なので今回も、モノ凄い数のオルクを用意してくるだろうと予測して、ドミニオンとバトルシスターのスペシャルウェポンは全てフレイマー/ヘヴィフレイマーを装備!合計10丁の火炎放射器でオルクのバーベキュー祭りを開催するのですよ!

流石にちょっとガチ過ぎるかな…と思ったんですが、お互いガチ編成で!と伝えているので問題なしですハイ!(ちなみに、お互いどの様な編成で来るかは全くの秘密です。)


そして、ついにMさんオルクの大軍隊登場!!!て…アレ?ユニットの数が予想よりもなんか少ないぞ?てか歩兵はメガノブ3体と相手陣地の廃墟に配置されたルーターボゥイしかおらず、それ以外は全て重装甲のウォーカーという編成!!…うわぁ!?これは完全に読みを外してしまいました!!こっちは対歩兵用のフレイマーばかりなので、ウォーカーにはダメージを与えられないですぞ!!こ、これはマズイッッ;;


このとてつもない巨体!オルク軍の決戦兵器・ストンパ!!恐らく40kで1番デカイGW製モデルではないでしょうか!
スーパーへヴィウォーカー自体と戦うのも初めてなので、一体どれほどの戦闘力を秘めてるのか見当もつきません; しかもこんな鈍重そうな見た目とは裏腹に、バイク並の移動スピードがあるというんですから恐ろしい…

しかし今回の対戦ミッションは、エターナルウォーの『巨砲は眠らず』に決定!そして目標物はお互いの陣地に1個ずつと、戦場の中央に1個の合計3個。エターナルウォーは最後の最後に目標物を確保してればいいので、バトルフォージド編成でトループに作戦目標確保の優先権が付いてる我が軍の方が断然有利なんです!一方オルクはアンバウンド編成で、しかも数はこちらよりもずっと少ないので、 これはなんとかなるかもしれませんっ


あとMさんのオルク・ウォーカーといえばコレ!中にLRDライトが仕掛けてあるので、なんと目が光るんです!なんだかモビルスーツの起動SEが聞こえてきそうな雰囲気ですよね、無茶苦茶イカしてます!!!

しかも、もしゲーム中に電池が切れてLEDが消えたら、そのウォーカーは一切動けなくなるという縛りプレイまで付けている拘わりよう! ただ今日は新品の電池に入れ替えてきたそうです笑


そしてカバーセーブなど要らん!と言わんばかりに拓けた平地をノシノシ突き進むスーパーへヴィウォーカー・ストンパ!貫通ヒット喰らっても移動には全く悪影響が及ばないので、まるで自衛隊の攻撃を受けても、平然とビル街を突き進むゴジラみたいなノリです! そして数多の搭載兵器でエクソシストとイモレイター1台を破壊!ストンパの【射】は僅か2で、意外にも貫通力が弱い武器ばかりですが、とにかくこれでもかと撃ってくるので、あっという間に車体ポイントを削り取られてしまいました;…そしてストンパは、戦場中央の目標物を早くも確保ッ!

しかし残った1台のイモレイターが、信仰の盾でしぶとく生き残ってツインリンクマルチメルタで反撃!対ビークル用に、一応搭載武器をマルチメルタにしてて正解でした。(もしこれまでヘヴィフレイマーだったら…w) とはいえストンパの車体ポイントは、なんと12!爆散効果を何度か出してるんですが、追加ダメージロールで1ばかり出て気が遠くなるぅぅぅ;


一方、廃墟に潜んでいたレペンティア&ヤコブスも、オルクのウォーカー達が近くまで来たのを見計らって廃墟から一気に飛び出て白兵戦を挑みます!本当ならストンパを狙いたかったんですが、レペンティアの【攻】6では装甲13のストンパにはダメージが与えられないと判断して、装甲12のデフドレッドに突っ込む事に。こちらもダメージロールで6を出してなんとか跳弾という硬さなんですが、レペンティアの35回攻撃+狂信者+戦争賛美歌(ダメージロール振り直し)で6ダメージ与えてデフドレッド撃破!

しかし後になって思い出したんですが、エヴィセレイターには機甲殺しがあったじゃないですか!だったらストンパにもダメージを与える事は充分可能だったし、車体ポイントも残り7だったので、ひょっとしてストンパ倒せてたんじゃないかという気が…今までレペンティアとビークルとの白兵戦が一度も無かった、経験不足故の痛恨の判断ミスです…これはもったいない;

そして毎度の事ながら、レペンティアが攻撃した後は、余りの壮絶さに場が一時静まり返ってしまいますw 機甲殺し忘れてたにも関わらず、僅か7人でウォーカーを出目6×6でワンターン撃破なんて、普通は有り得ないですからね…もしオルクのトループとか攻撃してたら、恐らく30体くらいは吹き飛ばしてたんじゃないでしょうか。


そしてレペンティアのヤバさに気付いたストンパが赤く光る不気味な眼差しで、こちらを睨みつけてきます…いやーん早く電池切れて機能停止してェェ!しかしそんな願いも虚しく、レペンティアに対して無慈悲なる一斉射撃を開始!!

とはいえ今回はレペンティアスカッドに防弾対策を施してあるのです!それは先頭にいるカノネス!このカノネス、オプションでロザリウスと永遠の戦士付加のレリックアイテムを装備してあるので、カノネス側からくる攻撃に対してはアーマーセーブ3+、スペシャルセーブ4+で防ぎ、たとえ被弾しても、どれほど攻撃力が高い射撃でも2発までなら耐えられます!そしてストンパの猛攻を耐えまくるカノネスとミストレスオヴレペンタンスの2人!結局2人とも戦死してしまいましたが、レペンティアの損害もかなり抑えられました!!

…しかしこの後、キラーカンの射撃でレペンティアはアッサリ全滅; 幸いにもルーターボゥイはリトリピューターが壊滅させていたので、これ以上オルクからの射撃はなく、レペンティアに合流してたヤコブスとプリーストは、コマンドスカッドに合流して、なんとか逃れます。

ところが気が付けば、いつの間にかゲームは5ターン目の裏に!?しまった!ストンパにビビリ過ぎてトループ達が自陣に篭ったままじゃないですか!!慌てて全力移動やストンパへ決死の突撃などで中央の目標物確保に向かうんですが…残念ながら目標物には届かず、ゲームはそのまま終了へ汗


一方こちらは、ゴルカノートに突撃するも1ゾロを出して失敗!思わずズッコケてしまったペニテントエンジン2号の図w
せっかくレペンティアに射撃が集中したおかげで無傷でここまで来たというのに!ペニテントエンジン2体の破壊力ならゴルカノートといえど確実に撃破出来たと思うんですが…もう!なにやってんのよ!!!w

そして対戦の結果は、オルクが8点獲得、シスターが4点獲得で、オルクのMさん勝利です!!ぐぉぉ!なんか火力以上に戦術の差を思い知らされる敗北でした;; うーん…せめてストンパとゴルカノートはチャンスがあっただけに、なんとか倒しておきたかった所ですが…てか次はもっと幅広い編成を想定してMさんに挑む事にしましょう!対戦ありがとうございましたっ

TOPに戻る

2015.04.early
ウォーハンマー40kクイックバトル・250pt戦をプレイしてみました。


クイックバトルとは、ウォーハンマー40kでスカーミッシュバトル(小規模戦)を行うという、ブレインゲームショップ・ひがっちのオリジナルルールで、僅か250ptで対戦出来るそうです。いつもの1500pt戦の1/6規模で、どんな対戦が出来るのかとても気になったので、ひがっちのK井さんとS本さんにクイックバトルの対戦をお願いしてみました。


先ずはK井さんのスペースウルフ・グレイハンターパックスカッドと対戦!プラズマガン&ヘヴィボルダー装備の兵と突撃兵が揃った、バランス型編成の様です。ちなみに目標確保の条件は、エターナルウォーとメイルシュトロムオヴウォーの中間みたいな感じで、さらにトループには目標確保の優先権が付くそうです。

そしてクイックバトル最大の特徴は、兵士1人1人が単独行動キャラ扱いになるので、各自別々に動いたり、合流して途中からユニットを組む事も出来るのです。


一方こちらは、久々のダークエンジェル・レイヴンウィングスカッドとライブラリアン・バイク騎乗。たまにはサイキックパワーも使わないと、ルールを忘れてしまいますからね。 こちらはトループではないので目標確保の優先権は無く、相手に目標物を確保されたら、倒して奪取するしかないワケですよ!


そして1ターン目開始!並べるミニチュアが少ないだけあって開始までがムチャクチャ早い!お互いマリーンの天敵・プラズマガンを持った兵が2体ずつ居るので、相手のプラズマガン持ちをいかに先に倒せるかが勝負の鍵という感じでしたが、ライブラリアンがサイキックパワー・ファイアシールドをジェネレイトしたおかげで、こちらがかなり有利に!

そしてファイアシールドで相手のプラズマ攻撃を防ぎつつ、プラズマガン装備のウルフ兵を倒し、最終ターンで生き残ったライブラリアン&バイク兵2人が、ターボブースターでそれぞれ1個ずつ目標物を確保。これが決め手となって、ダークエンジェルの勝利です!

今までアッサリ全滅してた感があるレイヴンウィングでしたが、弾数が少ない低ポイント戦では、【耐】5とアーマーセーブ3+の硬さが光りまくりでした。あと移動スピードが速いので、目標物の確保も狙い易かったです。


続いてはS本さんのプレーグマリーンと対戦!【耐】5と痛みを知らぬ者、ポイズンを持った強化型ケイオスマリーンです!


対するこちらはユニットを変えて、これまた久々に使用する聖セレスティンとセラフィムスカッド。ぶっちゃけ、セラフィム達ではプレーグマリーンに全く太刀打ちできないので、戦闘は聖セレスティンだけが頼り…つまりセレスティンが倒されれば確実に負けてしまうんですが、果たして…


結果は、聖セレスティン無双で勝利でした笑 まさかここまで強いとは…。 しかしこのクイックバトル、想像以上に奥が深くて驚きですよ!兵がバラバラに行動する場合も、ユニットを組んで行動する場合も、どちらも一長一短あるので、対戦中は「ここは2人残して…いや3人で進んだ方が…」といった事をずっと考えてました。そしてお互い人数がかなり少ないので、アーミー編成時はスペシャルウェポンを持つか、それとも頭数増やすかの選択が更に悩ましかったです。

ただ個人的に、バイクやジャンプユニットといった高機動型ユニットのみの編成がかなり有利に感じたので、大会などの場合は、編成にトループを1ユニット(5人以上)必ず入れる、又はトループが目標確保したら追加で1点入る(最大1点)。といったのもあると良いんじゃないかなと思ってみたりも。

なかなかお手軽で、高ポイント戦とはまた違った面白さがある40kクイックバトル。是非とも広まって欲しいですね!

TOPに戻る

2015.04.late
グレイナイト日本語版コデックス(絶版)をゲットしました。


前から気になってたんですが、地元のショップでは既にどこも売り切れで入手できず、あっちこっち探し回って、なんとか1冊見つけました;

41千年記における異端審問庁や悪魔狩りについて詳しく書かれており、<歪み>の悪魔、異端者を倒す為なら、どんな手段も犠牲も厭わない騎士団と異端審問官の血みどろの戦歴や、皇帝陛下の教えを拡大解釈して、本来守るべき筈の臣民すら容赦なく虐殺する<裁きの玉座>、そして騎士団と手を結んで裏で暗躍する暗殺者など、中世暗黒時代を思わせる実にダークなネタが満載の、ある意味ウォーハンマー40kの<帝国>という世界観を、最もよく表しているコデックスではないかと。

特にゲームのルールで禁止されている筈の、『味方への砲撃』ができちゃうカラマーゾフとか、冷酷非道すぎて一度使ってみたくなりますw ダークエンジェルやアストラミリタリウムも、なかなか容赦ない人達ばかりだと思ってたんですが、こっちは更に数段上をイってるじゃないですか!

ちなみに現在、グレイナイトの最新コデックスは英語版のみで、しかも異端審問庁と暗殺者のルールが、それぞれ別々のコデックスに分かれているので、そういう意味でも、この日本語版コデックスは資料的価値が非常に高いのでは。いやしかし入手はもう不可能かと半ば諦めかけてただけに、なんとかゲット出来てホントに良かった…汗



★NEW
2015.04
.late
ブレインゲームショップひがっちの、ウォーハンマー40kクイックバトル250pt大会に参加してきました。


編成はアデプタソロリタスで、ドミニオン×1、バトルシスター×1、ライノ×1、ペニテントエンジン×1 先ずドミニオン&ライノで斥候を仕掛けていきなり相手陣地に攻め込み、ドミニオンが相手の足止めをしてる間に、ペニテントエンジンとバトルシスターが目標確保しながらジワジワ攻め込む…という、いつものソロリタス1500pt編成の縮小版な感じで、結構ガチです!

しかし今回の参加者は、M中君以外ほとんど初心者ばかりだった様で、ちょっとやっちまった感が…対戦中はこちらのユニットも結構倒されてたので、手加減とか出来る余裕もなかったんですが、それでも次はガチ度を控えたロスターも用意しておいた方がいいかもしれないですね;


あと話題のRPGボードゲーム『 ドラスレ 』の体験プレイもさせていただきました。


「30分で竜退治!」というコンセプトを聞いて、初めは僅か30分の間にフィールドのクエスト探索や、キャラのレベルアップと装備の強化、そしてムチャクチャ強いドラゴンと対決…なんて事がホントに出来るの?と思ってたんですが、実際やってみると、上手くコンパクト化されててメチャ感心しました!感覚でいうとファミコンであった「百の世界の物語」に近いかな?

冒険フェイズでは覚える事が少ない割にやれる事が多く、時々大きな事件も発生してヒヤりとする等、なかなかの緊張感があり、最後の決戦フェイズはドラゴンが圧倒的な強さではあるものの、ダイスロールの連続ファインプレーで「これひょっとしてイケるんじゃない!?」と終始ドッキドキ!! (トドメの1歩手前で僕は死んで、ドラゴンを倒したのは店長さんでした!)

お手軽で楽しく、さらに付属のメタルフィギュアやカード等のイラストもクオリティーが凄いので、これは確かに話題になりますよね。そして決戦フェイズ時に使用したバルログのモデルも、雰囲気バッチリです!



2015.05.late
久し振りにバトルクラブに参加してきました。


今回もアーミーはアデプタソロリタス1500ptで、ヤコブス&カノネス/レペンティア合流パターン編成です。ホントなら、ダークエンジェルと同盟で行きたかったんですが、ネフィリムとドロップポッドが間に合わなかったもので汗


そして対戦アーミーは、NWさんのグレイナイト!初のグレイナイト戦です!NWさんとは、ひがっちでよくお会いするんですが、お互い対戦するのは今回が初めてですね。(…いや、1000ptティラニッドも確かNWさんだった様な気が…?)そしてNWさんもアデプタソロリタスのユニットを2000pt以上所有している様で、NWさん曰く、シスターの弱点はよく知ってるとの事!ゲゲッ! マジですか!?

そしてバトルミッションはエターナルウォーの『異種族殲滅命令』に決定!選りに選って1番苦手なの来ちゃった汗


この威風堂々とした白銀の巨体、対グレーターディーモン用兵器、ネメシス・ドレッドナイト!!シェイドが渋い!見た目はウォーカーっぽいですが、ターミネイターのモンスター版といった感じのユニットで、単体のユニットとしては40kでも最強クラスに入るそうです!

ウォーカーではないので、貫通ヒットなど無くマルチメルタでも普通に1ダメしか与えられず、アーマーセーブも2+なので、ボルダーなんかはガンガン弾き返してしまいます!エクソシスト、イモレイター×2、リトリピューターで集中攻撃かましますが、倒すまでに3ターンもかかってしまいました。てか最近、エクソシストのやる気(弾数ロール)がサエなくて困るっス汗


一方で、ストームレイヴンガンシップに移動不能にされたところを、ターミネイターに突撃されてアッサリ倒されるペニテントエンジン…やはりペニテントエンジンも1体だけではちょっと頼りないですね、使うなら2体以上入れた方がいいのか?

しかしこのターミネイター、只でさえ防御力が高いうえに、サイキックパワーのインビジビリティをずっと発動し続けているので、もう完全に手がつけられない状態ですw なんとか4体倒せただけでもスゴイ奇跡!


そして四ターン目終了後、既に逆転出来ないほどにユニット差が開いてしまったので、大人しく投了しました;; やはり銃撃戦はまだしも、白兵戦に入ると一気に持って行かれますねぇ。切り札のレペンティアも相手にネタがバレてると、四方八方から撃ちまくられてアッサリ全滅させられ、そしてレペンティアが居なくなった後のパワー不足っぷりがホントにヤバイ…殲滅命令だからといって最初から前に出過ぎたのはマズかったか…

うーん、やっぱエクソシスト×3両とか、ペニテントエンジン×3×3ユニットの9体とかいっとくべきなのか!?…いや、ペニテントエンジン9体は流石に止めておこう汗


続いての対戦アーミーは、UDさんのケイオススペースマリーン!!去年の夏以来久々の対戦です。気持ちを切り替えて、あれから少しは成長した様を、なんとか見せたいトコロですが果たして!?


そしてUDさんのケイオスマリーンといえば、この拘わりまくりのコンバージョンモデル!!特に上のモーラフィーンドと下のディーモンプリンスは、大胆にもゾンビドラゴンやヘルブルートのビッツを使ってコンバージョンされており、ペイントのマッチングさも合わさって、正に世界に二つとないケイオスの異形さと完成度を誇ってます!

なにげにベースに帝国の彫像を使っている豪華さも凄い!


しかし相手モデルの凄さに圧倒されてばかりもいられません!うりゃああ!!ナーグルの印で耐6になったスポーンもなんのその!5体一気にワンターンキルなのじゃぁぁぁ!!いやーー今日はUDさんにレペンティアの初見殺しを体験してもらいたかったんですよ!まぁコレが通用するのも1回だけですが笑

そして激戦の末、ゲームは5ターン目が終了…バトルミッションはエターナルウォーの『征戦の刻』で、作戦目標はお互い1個ずつ確保。しかし先制打撃をどっちが取ったのか分からなくなり(笑)、卓の順番待ちもあったので、6ターン目には突入せず、今回はドローという事で決着しました。

ゲーム中はお互いアレやるコレやるで頭が一杯になってしまうので、マーカーとか用意してないと忘れてしまいますね;


ちなみに、NWさんとの対戦後の我が軍の死体安置所の光景ですw UDさんとの対戦でも大体同じくらい死にました; 大半が白兵戦で倒されているので、やっぱ相手に近づき過ぎですよねぇ…戦法を見直さざるを得ません。とはいえ今回の対戦では、カノネスちゃんの意外な強さを実感したりも…ブレードオヴアドモネーション持たせれば案外イケるかも?

うおお!しかし久々の1500pt戦でしたが、やっぱ面白いです!原稿の合間に少しずつ増強と編成の練り直しをして、夏コミ前にもう2回ほど対戦しようかなと思います。NWさん、UDさん、お相手ありがとうございました!

TOPに戻る

2015.08.early
コミックマーケット88で出展するウォーハンマー40k本新刊です!


 

収録漫画は2本
ひとつは、縦深に失敗したDAアサルトスカッドの話。

 

そしてもうひとつは、スペースマリーン戦団が実戦を想定して行う兵棋演習の話。

表紙モノクロ、B5サイズ、本文28ページ。よろしくおねがいします!

★ミニチュアゲームショップ・アイコノクラズムで委託販売を行っています。
 
通販はこちら
(メール便可、5千円以上の買い物と一緒なら送料無料) 完売しました。

 

2015.08.middle
コミックマーケット88にサークル参加してきました。


今回はガレージショーさんの戦国BASARA本も委託。そしてウチの3冊目となる40k本新刊は、お値段なんと既刊の倍の400円。でもボリュームはかなりUPしてます!ただ2冊目の既刊、ASSAULT STRIKE FORCEは今回増刷が間に合いませんでした…汗


サークルスペースのディスプレイにはアデプタ・ソロリタスのコマンドスカッドとペニテントエンジン、ヘルブルート、さらに以前オークションで入手したダークエンジェルの限定フィギュアを配置。デカ物が3体あるとはいえトループがいないと、やはりちょいと寂しいですね。でも目玉である聖セレスティンとペニテントエンジンが、結構いい感じに目立ってくれました。

そして3回目のサークル参加ともなると、いざ開幕しても気分は大分落ち着いていますね、前回前々回はホントに終始ドキドキしっぱなしで、胃に穴が空くんじゃないかと思ってましたが…汗

開幕から2時間ほどは大手サークルに人が流れるので、この時間帯は眠気との壮絶ガチバトルですが、それでも割と早いうちにサークルチェック表持った方が「R-WORCUSさんのサークルはここですか?新刊一部ください」と言って来てくれて感激!!さらにツイッターやサイトなどで知ったというミニチュアゲーマーの方々も次々お越しくださいました!皆さんと会えてホント嬉しかったです!様々な方と交わす40k話はやはり楽しいぞ! ウチの他にも40k同人出してるムッチーさんともお会いできました。コマンダーレイジ2巻超楽しみにしてますっ

そして今回は既刊16冊、新刊が丁度40冊販売という大成績!お越し頂いた方々ありがとうございます!!今年の冬コミもサークル参加するつもりですので、是非ともまたよろしくお願いしますッ


しかし喜びの一方で悲しい犠牲も…東京から帰還後、ミニチュアケースを開けるとペニテントエンジンの左腕が…;真鍮と強力ボンドごとポキリとイってるので修復は大変かもですが、必ず直して近々40k対戦やるのですよ!

 

2015.08.late
次回、冬コミことコミックマーケット89のサークル参加申し込み登録をしました。


次の新刊は、前々から描きたかったアデプタ・ソロリタス本か、ビークル擬人化本で行こうと思ってます。どちらも今まで以上に自己満足度が大きいですがw しかし流石にサークル当選4回連続は無理そうな気も…汗

TOPに戻る

2015.08.late
アナログゲームショップ・ひがっちで久々の40k・1500pt対戦しました。


本日の対戦相手は、お馴染み中学生プレイヤーM中君!今回はデスストライクミサイル発射台の代わりにレマンラス2台(ヴァンキッシャー&エクスターミネイター)を入れ、スーパーへヴィビークルは対歩兵に特化したストームロード、そしてその中に9人のブルグリンを乗せて参戦!

総ユニット数は、これまた4つという尖りまくった個性的な編成です!相変わらずロックだぜ!!


バトルミッションは『皇帝陛下の意のままに』、そしてまたもやM中君が先制をゲット!早速こちらの陣地に恐れる事なくストームロードを一気に突き進め、廃墟の隙間からセレスティン&セラフィムスカッド目掛けてヴァルカン・メガボルターを掃射!!攻6、貫通3、ヘヴィ15という高火力の前に流石のセレスティンもアッサリ墓標にされ、合流してたセラフィムも6人倒されてほとんど壊滅状態にッッ

ヴァルカン・メガボルターは6版のルールブックにも載ってて、「アポカリプスにはとんでもないのがあるんだな、恐ろしや…」と思ってただけに、いざ「ヴァルカン・メガボルターで撃ちます!」と宣言された時は思いっきりゾッとしました;;

そして奥の方ではヴァンキッシャーでライノを破壊し、降りてきたドミニオンAにエクスターミネーターで攻撃するというコンボまで決めてきます!ドミニオンはパワーアーマーのおかげで全滅は逃れましたが、ライノが破壊されてしまったので先制打撃を奪われました; …なんか戦い方の戦略性が以前よりも増してません!?


しかし!スーパーへヴィビークルの性能を過信しすぎたM中君の油断が破滅を呼ぶ!!こちらはメルタガンをどっさり装備したドミニオンの近距離射撃をお見舞いし、ダイス目が走りまくってなんと10ダメージを与えてストームロードを1ターン目で撃破!!さらに降りてきたブルグリンは突撃に失敗し、返す反撃でこれまたダイス目が走りまくって戦闘結果で勝利→殲滅行動成功でブルグリン全滅!!たまらずM中君2ターン目で投了ッ

ちなみにブルグリンが全滅した後で、お互いカタストロフダメージを忘れてた事に気づき、一応判定をチェック。そして誰もいない場所で爆発したので、結果は変わらずという事で…

今回はストームロードの方から近づいて来てくれたので、こちらの攻撃が上手く突き刺さりましたが、もしM中君がブルグリンを壁にして遠距離攻撃に徹底してきたら結構ヤバイのでは…と思ったりも。次はどうなるか楽しみです!

ちなみに対戦終了後に徳島の40kプレイヤー、新城直江さんとお会いしました。アイコノクラズムで当方の40k本をお買い上げの後、対戦を観戦しに来たそうです、ありがとうございますv 徳島の40k情勢の話など聞かせていただいて楽しかったです、もし機会があったら是非対戦もお願いします!


ついでにひがっちでエヴァークィーンとアラリエィールをゲット!アラリエィールはハートマークが全身に散りばめられた可愛らしいデザインで、GWにしては珍しくちょっと萌えを狙った感がします笑

そしてコレを切っ掛けに、妙にファインキャスト収集熱に火が付いてしまったりも!


後日、ひがっちとアイコノクラズムにお邪魔して爆買しちゃいました。いやーやはり見本画像が載ってるカラーパッケージは素晴らしいですね!特にケイオスヘルキャノンとウォーヒドラは入手がかなり困難だと思ってたので超絶ラッキーです!せっかくなのでこれらは未開封のまま取っておこうと思います。

TOPに戻る

2015.09.early
ひがっちのスタッフさんと40k・1500pt対戦しました。


今回の相手は、ひがっち名物のスーパーへヴィウォーカー『 コーンロード・オヴ・スカル 』、通称コーンタンク!!戦場で回収した死体の血で動くという魔道兵器で、GW製品の中でもストンパと並んで最大クラスの超大型モデルです。


さらにディーモンプリンス2体と防衛施設のスカイシールドを配置、モデル数はなんと僅か4つ!しかし青のディーモンプリンスがウォーロード能力でスペシャルセーヴを向上させてるので、その防御力はとてつもないモノとなっています!ディーモンプリンスはもとより、スーパーへヴィウォーカーにスペシャルセーヴ3+は激ヤバだってばよ!


今回のバトルミッションは久々のメイルシュトロムオヴウォー。こちらとしてはとにかくドミニオン、セラフィム、セレスティン、ペニテントエンジンの決死隊達でデカブツ共を足止めし、その間にユニットの数を活かしてポイントを稼いで逃げ切るしか道はありません。

そしてライノ斥候でいち早く突き進んだドミニオンが、コーンタンクのヴァルカンメガボルターと、大根みたいなデカさのヘルストーム・テンプレート攻撃(どっちも貫通3!)を掻い潜ってなんとかコーンタンクに接近し、メルタガン×4の近距離射撃を掃射!前回みたいなラッキーパンチに期待したものの、スペシャルセーブで防がれまくってダメージは軽微にしかならずッ

一方、ディーモン側はポイント戦では分が悪いと分かりきっているので、完全にこちらを全滅させる気で突撃してきます!


ドゴゴゴッッ!!大迫力のコーンタンク!!!まともにぶつかっては絶対に敵わないので、先ずはセレスティンで足止めし、続いて2体のペニテントエンジン(それぞれ別ユニット)で突撃をかけ、さらに復活したセレスティンで続けて足止め…という段取りで上手くいけば5ターン目まで足止めできる目論見だったんですが、なんとセレスティンが復活に大失敗!!マジで!?

ペニテントエンジン2体の激情付き12回攻撃もことごとくスペシャルセーヴ4+(ディーモンセーヴ5+&ウォーロード能力効果)で防がれまくり、そしてコーンタンクの大斧に2体ともアッサリ薙ぎ払われて4ターン目までしか足止めならず…;


一方のドミニオン部隊は、ディーモンプリンス青に突撃されてシスター達がアッサリ全滅してしまうものの、合流してたお坊さんが意外にも大奮闘!戦争賛美歌でスペシャルセーヴ4+の振り直しがあるとはいえ、各ターン毎に来る10回前後のディーモンの攻撃をことごとく防いで、エヴィセレイターでディーモンプリンスに2ダメを与えます!

いやーしかしここ最近、ダイス目の調子が凄く良いです。主に使うのは黒い爆撃ダイスなんですが、使い始めた当初はドクロマーク(1の目)ばかり出て、「そのダイスってドクロマークを見て欲しくて、メーカーが1を出やすくしてるんじゃないですか?」なんて対戦相手もに言われるくらい酷かったんですが、最近は打って変わってやたらいい目が出るんですよね。

この爆撃ダイス、まさかのツンデレダイスだったとは笑


ゲームは5ターン目に突入!こちらは戦略カードで『栄光への渇望』をジェネレイト!なんと只の人間でありながら、デーモンプリンスを3ターンも足止めしたお坊さんは、さらに一騎打ちを宣言してポイントまでゲット!その直後にセーヴに失敗してついに一撃即死したものの、このお坊さんはディーモンプリンスに対して死に際にドヤ顔をしたに違いありません!今回のMVPは間違いなく彼ですね!一方でディーモンプリンス赤が残り傷値1だったので、なんとか倒したかったんですが、スカイシールドに逃げられてしまいました。惜しい!

そして5ターン目が終了、ポイントはこちらが8ptで、ディーモン側が4pt。ここで終わればこちらの勝ちなんですが、終了ダイスロールは6!こんなトコで良い目出なくていいのに…;

残存戦力は、こちらはドミニオン10人+ヤコブス+プリースト2人と、バトルシスター10人+プリースト1人の2ユニット。対してディーモン側は召喚魔法で5体増えて6ユニット!そして火力の高いディーモンプリンス青とコーンタンク、さらに召喚されたブラッドクラッシャーで総攻撃をかけてきます!!

しかしヤコブスのウォーロード能力(合流ユニットの信仰の盾5+)と戦争賛美歌のセーヴ振り直しで耐えに耐えて、なんとかギリギリ全滅は逃れました!ポイントではまだまだリードしてるので、ここでゲームが終われば勝ちなんです!

終了ダイスロールで3以下が出ればゲーム終了!出ろ!3以下ッッ!!


またしても6!!こ…このダイスはツンデレなんかじゃねェェェ!!ヤンデレダイスだァァァ!!!ゲームはまさかの7ターン目に突入!


しかしもう流石に無理、コロッと全滅させられてスタッフさんの勝利です! そして横で観戦してたM中君が「仇をとってもらったぜ!!」とメッチャ嬉しそうに記念撮影! コノヤロォ笑


いやぁ、久々に全滅してしまいました。とにかくセレスティンが復活に失敗したのが痛かったです…コーンタンクをもう1ターン抑えられてればひょっとしたら、という気がするだけに残念。あと白兵戦自慢のペニテントエンジンもスーパーへヴィウォーカーの前にアッサリ破壊されるのならば、イモレイターやライノの方がまだ効率良いかもしれませんね。まだまだ研究が必要です!


でも次はファンタジーの方のウォーハンマー(Age of Sigmar、通称AoS)をやってみようと思います。製作中のユニットは、エンパイアのフラジェラントとミリティア・フリーカンパニー。

ウォーハンマーでも割と地味なミニチュアなんですが、両方とも表情がサイコーなんです。

TOPに戻る

2015.09.late
ウォーハンマーAoS(Age of Sigmar/エイジ・オヴ・シグマー)ミニチュアのモデリングを開始です。


AoSはエンパイアで参戦するので、先ずはエンパイア・ウォープリーストとウィッチハンターのモデリングから。造形が細かくレジン製なので、とにかく慎重にランナーから切り離し、そしてうっかり破損させてしまった箇所や「あれ?ひょっとしてココは切り取ってはいけない部分だった?」と思わしき所をパテで復旧です笑

剣の鞘や柄、尖ったトゲなどの細くて長い箇所は歪んでる事が多いので、指でグリグリ真っ直ぐに調整し、上からメタルプライマーを厚めに吹き付けて無理矢理固めます。プライマーがレジンに染み込むので、結構頑丈になるんですよね。さらにトゲトゲした箇所には液状の瞬間接着剤を薄く塗って補強。(…割とムチャな事やってるので、良い子は真似しないように!)


続いてはミリティア・フリーカンパニー。6人ほどフラジェラントの余りの武器の柄を握らせ、パテで作った炎を先端に接着して松明を装備。民兵というよりは、武器を携えた一般市民という感じにしたいので、武器も棍棒や斧が多めです。


そしてエンパイア・アウトライダー。荷物をゴチャゴチャ抱えさせて、ならず者の傭兵団というイメージで。リーダーには磁石を仕込んで武器を交換できるようにしてます。そして最初からAoSプレイ前提なので、ミニチュアのベースは全て丸型の予定。(現在取り寄せ中)

うーん10月初めのバトルクラブに間に合うかしら…?

 

2015.09.late
ウォーハンマーAoSミニチュアのモデリング完了。


モデリングの次は黒でアンダーコートを塗り、さらに白でドライブラシを掛けます。ペイントの前に白でドライブラシを掛けると、モデルの凹凸がハッキリするので塗り分けがし易くなり、さらにベースとなる色もあまり暗くならなくなります。つまり黒と白のアンダーコートの両方の利点を兼ねるんですよね!(ホントかよ)

この段階のドライブラシは一体辺り大体4〜5分なので、ペイントの前のもうひと手間といったところでしょうか。それにしても相変わらずの牛歩っぷり…;

 

2015.09.late
フラジェラントとミリティアの下塗りをしました。


とりあえずタミヤのアクリルカラーで一通り色塗りです。この段階では、あまり拘らずにハミ出まくり上等でガーッと塗るうえ、配色の塗り直しも度々やるので塗料を大量に無駄にし易く、高価なシタデルカラーは勿体無くて使ってません。(そしてアデプタ・ソロリタスのトループ達は、この段階でずっと止ったままだったりで…;;)

この後は、上からシタデルカラーを丁寧に塗って仕上げていきますが、なんだかその前に一度AoSの対戦をしてみようかなという気が…w 30ウーンズでレクチャーバトルをお願いしてみようかしら?

ちなみに彼らは、魔狩人に扇動されて暴徒と化した民衆…という設定なのです!「魔女を殺せ!!魔女を殺せ!!」

 

2016.01.early
あけましておもでとうございます、今年度も『 R-WORCUS 』をよろしくおねがいしますっ


昨年末も冬コミことコミケ89にサークル参加してきました。今回は、WH40k×ガールズ&パンツアーの組み合わせで新刊が描きたくなり、劇場版ガルパンの鑑賞と、TV版DVDをレンタルしてもう一度最初から見直したんですが、結構内容忘れてて改めて面白かったです。最初の方は大洗の女の子達も、戦車道がなかなかデンジャーな競技である事を割と認識してたんですね笑 そして角谷生徒会長が可愛すぎるぜ!

しかし本文が8p程のコピー本だったので、正直自信がなく二十数冊しか持ち込まなかったんですが、意外にも12時過ぎで完売し、既刊も23冊売れるという好成績でありした。ありがとうございます! →見本はこちら


秋葉原も少しだけ探索っス。この時はまだ原稿が終わってなかったので、ほんの1時間程しか廻れませんでしたが…;
アローズではウォーハンマーAoSと40kの大規模バトルが丁度始まろうとしてました。うおおっ最後まで観戦したかった…ちなみにインペリアルナイトの日本語版コデックスが売ってたので速攻で買ったりも!やったね。


コミケ終了後は、お台場のガンダムフロンティアに寄ってみたり。初めて見る実物大ガンダムが想像よりもデカくて圧巻!接合部分の作り込みが凄くて、ホントに動き出しそうですよね。あと帰りに見た東京レジャーランドのスーパーへヴィ大観覧車のライトアップも凄くて、寒空の中で20分くらい眺めてました。


そして冬コミ前の修羅場中に届いた、旧アーケィオン閣下とヘルキャノンの制作用レジンモデル。注文する前は作る気マンマンでしたが、果たして作ってる余裕はあるのだろうか・・・

 

2016.03.middle
マジックリアリティのミニチュアコンセプトアートが一段落ついたので、久々にミニチュア作成を再開します。


本来なら止まったままのAoSのミニチュアを完成させたいとこですが、今は40kの対戦が無性にしたいので、マイアーミー・アデプタソロリタスの増強から行います。とりあえず先ずは最近入手したセラフィムスベリオールと、以前からすーっと未完成のままだったペニテントエンジン2号、そして同じくペニテントエンジン4体の在庫を作ろうと思います。

ただコンセプトアート以外にも頼まれている事があるので、ミニチュア作成はぼちぼち進めていこうかなと。

 

2016.03.late
ペニテントエンジン6体計画ぼちぼち進行中。


モデルの下処理が全て終わったので、次はベースの作成に取り掛かります。前の2体同様、今回もペニテントエンジンの機体を高くしたいので、全機体とも何かに片足を乗っけてるポーズにしますが、同じように岩に乗せるのも味気ないので、使っていないバイクやターミネイターのモデルを思い切ってバラして足場にします。ただどちらとも帝国軍のモデルなので紋章などは削り、赤か黒に塗ってケイオス軍の残骸に見立てようと思います。


さっそく1体ベースに組み立ててみました。いやー久しぶりにペニテントエンジンを組み立てましたが、やはりポーズを取らせるのが難しいですねコレ!メタルのパーツ1つ1つが重いうえに接合部分が小さめなので、真鍮を通す箇所が多く、しかも一度接着したら当然組み直しができないので、接着時のポーズ取りは一発勝負で結構気が張ります。しかしパーツ同士の噛合せは意外と良く、メタルを曲げたりして調整しなくてもキチッとハマるので、組み立て自体は比較的楽なモデルです。そして今回もなかなか良い感じに組み上がったんじゃないでしょうか。

この調子で残り三体も組み立てていきましょう!

 

2016.04.early
ペニテントエンジンの在庫4体が全て組み終わりました。


多少、ポーズの付け方をもう少し調整した方が良かったかも…とは思うものの、4体ともなかなか良い感じに組めたんじゃないかなと。しかしピンバイスは当分握りたくないですね、真鍮通しが結構疲れました汗


ちなみにこの2体は、2種類ずつある両手両足を同じ物同士にしてみました。せっかく6体あるんですから、こういう組み合わせもアリなんじゃないでしょうか。


6体全員集合!もうここまで来たら上限の9体までいっちゃう?って気にもなりますが、先ずは未完成の5体から仕上げていきましょう。

 

2016.05.early
組み上がったペニテント・エンジン5体を、マッタリとベタ塗り中です。


ひと通り塗り分けをしたら、男操縦者のペニテントエンジンが予想以上にイイ感じになってきました。いやー現時点で既に充分かっこいい!(笑)。男操縦者のペニテントエンジンは3体にしても良かったかな。


タンク系ビークルも装飾を足したり上塗りしたりと、同時進行でぼちぼち進めていきます。ユリの紋章はキチンと塗れば遠くからでも中々目立つので、しっかりペイントしたいところです。

 

2016.05.early
ずーっと放置中だった坊さん達も、少し塗り進めてみたり。


放置してたとはいえ、この人達が居ないとシスターは白兵戦がダメダメなので、なにげに重要な方々なんですよね。右の厳つい顔した茶色い人は、オクでゲットしたエヴィセレイター装備のプリースト絶版モデル。いやーこんなイカスモデルが現行で売られてないなんて惜し過ぎじゃありませんか…ッ!


ちなみに左の赤い人と、右の茶色い人は地味に手間が掛かっていて、赤い人はマリーンのチェーンソード2つとフラジェラント・ウォーバンドの旗の柄でエヴィセレイターを作り、さらに背中のラスガンの先をプラズマガンの先と付け替えて、エヴィセレイター&プラズマガン装備に改造。右の人はペニテントエンジンやマリーン等の余りパーツで作った、リタニア・オヴ・フェイスを背負っています。どれもすっごく重要なオプション装備なだけに、イイ感じに作れて良かったです。

 

2016.05.middle
米国のミニチュアメーカー・マジックリアリティのイラストも描いてみたり。


現在、私がコンセプトアートを描かせていただいてるミニチュアメーカー、マジックリアリティのレディダイナマイト姉妹を描いてみようと思います!ちなみにこちらは他のデザイナーさんのキャラなので、あくまでファンアートという感じで。

そのうち本とかも描きたいですね。


そしてさらに、去年ツイッターで40kビークルの擬人化絵をちょこちょこ上げてましたが、今回の夏コミは40kビークル擬人化本を出しますっ!メインは1番のお気に入りのイモレイターちゃん。もう完全に我が道を逝くスタイルで( *`ω´)((キリッ


そんなワケでイモレイターはいいぞ!(思いっきり未完成)。イモレイターもっと増やしたいから、四台目のエクソシスト買っちゃおうかしらコノヤロー

マジックリアリティのミニチュアも、見本品を頂けるとの事ですが、知人へのプレゼント用にまとめ買いする予定ですv

 

2016.06.late
ウォーハンマー40k個人誌の夏コミ再販にあたって、原稿の修正&加筆作業をしています。


読み返してみて、ちょっとおかしいなと思ったコマやセリフをいくつか修正中です。兵棋演習してた第5中隊も、選抜中隊に改名しました。カシウス教戒官はそのままですw

 

2016.05.late
夏コミの40kビークル擬人化本のキャラデザであります。


40kというかアデプタ・ソロリタスビークルの擬人化本です。銀河のとある聖女学院惑星を守る為、選ばれし3人のビークル娘が<歪み>より襲来する謎のケイオスビークル獣と戦うという、ちょっとアレな内容ですが、なるべくバトルよりもユルさと可愛さに重点を置こうかと!

 

2016.08.middle
夏コミ90にサークル参加してきました!

 

今回の出し物は、今まで出した40k個人誌のまとめ本と、オマケのイモレイター擬人化コピー。販売成績はまとめ本29冊!お越しくださった方々ありがとうございますっっ

そして段々殺風景になってゆく我がサークルスペースです笑。擬人化コピーの原稿が終わっていればディスプレイ用のミニチュア持って来たかったんですが、終わってなかったので作業用のノーパソ持ってくるのでイッパイイッパイでした…汗。ちなみにお隣はヘルズ商事のムッチーさん。お互いコピー誌の製本を協力しあってましたv(*´∀`)


オマケで描いたイモレイター擬人化本は、次はちゃんとした形にしようと思ってます。実は6月頃にひがっちで久々にハシバさんのスペースウルフと対戦して頂いたんですが、その時漫画のネタがメチャ浮かんだんで是非それを描きたいかなと。できれば9月後半頃にまたネタ集めの為に40k対戦したいので、合間をみながらちょくちょくアーミー増強も進めていこうと思ってます。

それから最近とてもイイ物が手に入りました。4月頃に絶版となってしまった、フォージワールドの旧式エクソシストと旧式イモレイターのアップグレードパーツです!イモレイターの方はなんと2個もGET!

現行で売られてた時は、どっちもGW版よりデザインが地味で値段も結構アレだったので正直スルーしてたんですが、いざ絶版になったら猛烈に欲しくなってしまったというヤツです笑。ひょんなタイミングでGETするチャンスが訪れてくれました!

特にイモレイターは、今やGW版のエクソシストを購入するしか入手方法がないので、フォージ版アップグレードパーツが手に入ったのは非常にありがたいっス。なんたってコレをマリーン用ライノの上部ハッチと取り替えれば、只のライノが旧式イモレイターに早変わりですからね!

いやー情報提供してくれたwwcm(デストラクション系趣味人)さんに超感謝であります♪

TOPに戻る

これまでのミニチュア作り。 Miniature making log




 別年度の製作記ログ

2012年度のフィギュア・ミニチュア製作TOP
 
初めてのミニチュア入手からペイントに至るまで、なにもかもが初めて!粘土もこねる。

2014〜2013年度のフィギュア・ミニチュア製作TOP
 
ウォーハンマー40kに着手。スタートセットから1500pt対戦、同人誌に至るまで!

 

TOPに戻る